読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

税務調査は突然やってくる!

個人事業主の知人・友人が多いぽてち、税務調査は突然やってくるのです。そこで税務調査の体験談や確定申告の経験談を綴ります。

個人事業主に税務調査が入るときの、税理士さんからのアドバイス

前回の記事で紹介した雑費600万円の友人

potechichan.hateblo.jp

まずは、知人から税理士を紹介してもらって来てもらったそうです。

で、その際のアドバイスが

  1. 領収書の整理
  2. 雑費の摘要項目を記載する
  3. 自宅の中で、事務所として使っているスペースを明確に確保する
  4. 出張旅費は、行き先、交通費、宿泊費などを整理する

…だそうです。

え?どれもやってなかったの???

どうやら、領収書は漠然と箱のなかにしまわれ、雑費の摘要項目は一切記載なし。

おいおい、それで税務署を納得させるのは無理が…

まずは、領収書の整理は時系列にノートに貼るとか、クリアファイルなどを活用して整理しましょうね。

整理する事務用品なんて100均で売っているし、事務用品も経費で落とせますから(笑)

あと、ちゃんと雑費の摘要項目は書きましょう。

会議や接待交際費などのものであれば、人数、相手先、目的などもしっかり記載があると信ぴょう性が増すというものです。

あ!勘違いがあるといけないのでちゃんと言いますけど、

後付で偽装しろと言っているのではなく、上記のようなことは、その都度にちゃんとやりましょうね(*^_^*)!っということです。

よほどマメで手帳などに書いていないかぎり、3年も前の雑費の内容を思い出すのは困難ですからね。